設備案内

  • HOME
  • > 設備案内

設備案内


設備案内

ご家族が安心してご来院いただけるよう、院内にはさまざまな工夫を施しています。また、病気の早期発見・早期治療を目指し、検査機器も充実させています。わんにゃんドック(健康診断)も承りますので、お気軽にお問い合わせください。


検査機器

検査機器
全自動血球計算機

血液中の血球成分(赤血球・白血球など)を調べる機器です。

血液化学検査器

腎臓や肝臓等、内臓器官の機能や障害の程度を調べる血液検査機器です。

内分泌検査器

副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモンの値を測定する機器です。難治性皮膚疾患の原因にもなるクッシング症候群や甲状腺機能低下症等の診断に不可欠な検査です。短時間で測定することができるため、検査センターに依頼するよりずっと早く治療を開始することができます。

CRP測定器

体内で炎症が起こった時に増加するタンパク質を測定する機器です。体の炎症の有無だけでなく、炎症の程度や治療中の効果を知ることもできます。

レントゲン

デジタルレントゲンで骨や内臓等の様子を調べます。画像は診察室のモニターに表示されるため、飼い主様にわかりやすく説明することができます。

エコー

痛みや出血を伴うことなく体の内部の断面を調べられる機械です。レントゲン同様、画像はモニターに表示することができます。

顕微鏡

尿や便の検査や、腫瘍の疑いがある場合の細胞診に利用する顕微鏡です。


手術室

手術室

手術室では、一般的な外科手術(去勢・避妊手術、歯石除去、帝王切開、腫瘍切除、外傷の処置等)を行います。


外待合

風除室から見た外待合

怖がりな犬や大型犬のストレスを軽減するため、当院は外待合を設けています。外待合にはリードフックがありますので安心です。また、外待合から第1診察室へは直接入れる構造になっており、他の動物と顔を合わせて興奮してしまう心配もありません。


入院

入院

入院室は3つあり、犬と猫、もしくは感染病の有無で部屋を使い分けています。また、大型犬用のゲージもあります。


診察室

診察室

当院には3つの診察室があります。このうち第1診察室は完全個室ですので、怖がりな犬や逃亡の恐れのある猫も安心して診察することができます。


リードフック

リードフック

ご家族がお手続きをされるときやトイレのご利用中に、ご安心いただけるよう、当院には受付横、トイレ、外待合の3ヶ所にリードフックを設置しています。